スポンサーリンク

【ブックレビュー/書評】「遊んでいても結果を出す人、真面目にやっても結果の出ない人 (成美文庫)」 は、努力しても結果が出ないときに読むべき本

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

タイトルが、凄くキャッチーで、遊んでるが気になり、読んで見ました。

 

スポンサーリンク

本の対象者

遊んでる人でなく、努力しているけど成果が出ない人向けの本です。
好ましくない行動、思考などを反面教師として学ぶこともできます。

スポンサーリンク

感想

本を読んでから、タイトルを分かりやすく見直すなら、以下のような感じだと、この本が何について書かれているかわかりやすいかもしれない。

  • スマート仕事を終わらせる人、努力しても報われない人。
  • 時間内に仕事を終わらせる人、努力する方向が間違っている人。

タイトルにある遊んでるとは、仕事を早く終わらせて、プライベートを楽しんでいる人のことを遊んでる人を表してました。プライベートを楽しんでる人とは、定時に仕事を終わらせて、趣味や学習などに時間を使い人生を充実させている人のことを指してます。
遊びって言う点で、買ったので、裏切られた気持ちになった。

総括

自分は文庫本を買った、文庫本ならお手頃価格なので、ちょっと気になる程度なら、読んで損はない。しかし、ソフトカバーで1500円程度だとすると、この本を選択しなくても、他に同じような内容の本は数多くある。そのときに満足があるか考えると疑いを持つかもしれない。
でも、読んていて感じたのは作者の経験を元に書いているので、実際に人物像がなんとなく想像できる。あーいるいる!こういう人って!あーわなりたくない!反面教師にしようという例を再認識できる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ぷらっとねっとをフォローする
ぷらっとねっと

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました