スポンサーリンク

0才児が喜ぶ絵本。3ヶ月から1歳ぐらいまでの赤ちゃんに読み聞かせ始めたおすすめ絵本5冊

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

子育て

0才児が喜ぶ絵本。3ヶ月から1歳ぐらいまでの赤ちゃんに読み聞かせ始めたおすすめ絵本5冊

本好きな子どもになって欲しくて、3ヶ月の赤ちゃんに絵本は早いかなと思いながらも、読み聞かせてみたら、赤ちゃんに反応が良かった、喜ぶ、おすすめ絵本を紹介します。

赤ちゃんが喜ぶ絵本 しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

3ヶ月頃から読み聞かせ、色彩がいいので、かなり目で追っていました。

反応があるので、親も読もうかなとやる気になり、親、子供ともに、絵本に慣れるのに最適な絵本だと思います。

赤ちゃんが喜ぶ絵本 じゃあじゃあびりびり

こちらも同様に4ヶ月頃から読み聞かせ、7ヶ月の今でも、この絵本を読み聞かせすると喜びます。我が家では、家用と車用に2冊持ってます。

赤ちゃんにはわかりやすい配色のようで、視線を本に集中させることができます。

ページごとにいろいろな色で描かれており、好みに色もわかるような気がします。

ちなみに、赤ちゃんのページが好みのようで、そのページを読むときは、笑顔になったり、叩いたりして、喜びます。

赤ちゃんが喜ぶ絵本 がたん ごとん がたん ごとん

リズム系の絵本です。ガタンゴトンと刻むリズムが好きなようで、「ガタンゴトン、ガタンゴトン」とリズムつけて読むと大変喜びます。

ただ、そのまま絵本に書いてある、文字を単純に読んていると大人は何度も同じことをページを変えるたびに行って辛くなるので、ページに書かれた絵を見て、自己流でアレンジすると、より
一層喜びます。

赤ちゃんが喜ぶ絵本 だるまさんシリーズ

だるまさんが
だるまさんの
だるまさんと

だるまさんシリーズの定番の絵本となります。
保育士の方に聞くと、年齢が上がると、だるまの動きをするようなので、それが非常に可愛いらしく、保育園や幼稚園で、大勢のこともやれば、本当に可愛んでしょうね!

我が子も、今後が楽しみです。

赤ちゃんが喜ぶ絵本 もいもい

少し大きくなってから評判を聞いて購入しましたが、すごかったです・・・!

泣いていてもこの本を読みだすとピタッと止まります!

ボードブック(厚い板紙でできており丈夫でサイズも小さめ)は持ち運びに便利で赤ちゃんが舐めても破れません。

お出かけのお供にぴったりでいつもリュックに忍ばせています。

大きくなった息子はひらがなを少しだけ読めるようになり、この本なら、と妹に読み聞かせをしてあげています。

 

以上、おすすめ絵本5冊でした!

ちょっとしたプレゼントにもお勧めです~!

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
シェアする
ぷらっとねっとをフォローする
ぷらっとねっと

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました