スポンサーリンク

ドライヤー冷風のみで乾かすとどうなる?乾く時間と頭皮に良い効果的な使い方

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

ドライヤー冷風のみで乾かすとどうなる?乾く時間と頭皮に良い効果的な使い方LIFE

夏場はドライヤーの熱風でお風呂上りにもかかわらず汗だくになりますよね。

ドライヤーの冷風のみで髪の毛を乾かす人もいるのではないでしょうか。

ドライヤーの冷風のみで髪のかを乾かすと乾くまでに時間がかかり悪影響があると言われています。

ドライヤーの冷風のみで乾かした場合の乾く時間と頭皮に良い効果的な使い方も紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ドライヤー冷風のみで乾かすとどうなる?

確かにドライヤーには冷風機能があり暑い夏には使いたくなりますよね!

ただドライヤーの冷風で髪の毛を乾かすと乾くまでに時間がかかるというデメリットがあります。

髪の毛が乾くまでに時間がかかるということは自然乾燥と同じような状況になってしまいます。

せっかくドライヤーを使ったのに自然乾燥と同じなんて悲しいですよね😢

冷風だけでなく温風と交互に使うと髪の毛を早く乾かすことができますよ。

乾くまでに時間がかかるデメリットは?

ドライヤーを使って乾かすならシャンプー後30分以内に乾くようにしましょう。

それ以上かかってしまうと菌が繁殖して抜け毛や頭皮の臭いの原因につながります。

髪の毛が濡れた状態が長く続くとキューティクルが剥がれて痛みやすい状態でいることにもなりますよね。

乾くまでに時間がかかることのデメリット
  • 頭皮の悪玉菌が増えて臭いのもとになる
  • 髪のキューティクルがはがれやすくなる

冷風を当て続けると頭皮の温度が下がる

冷風を当て続けることによって頭皮の温度が下がって血行不良になってしまいます。

血行不良になると髪の毛が抜けやすくなって薄毛になったり、髪の毛が細くなるなどのデメリットがあります。

冷えることによって頭痛や肩こりになる方もいますよ。

スポンサーリンク

ドライヤー頭皮に良い効果的な使い方

ドライヤーの冷風機能を利用し頭皮に良い効果的な使い方を紹介します!

  1. お風呂上りにしっかりとタオルドライをする
  2. 温風で根本から乾かす
  3. 徐々に毛先を乾かす
  4. 仕上げは冷風を当ててキューティクルを引き締める

最後に冷風をあてることによってキューティクルが引き締まって髪の毛に艶を出してくれます!

しっかり目のタオルドライと温風で根本から乾かすことによって早く乾きます!

自然乾燥や中途半端なドライは菌の繁殖につながるので抜け毛や頭皮の臭いの原因になります。

せっかくドライヤーを使うのでしたら正しい使い方で健康な頭皮を保ちたいですよね!

できるだけ髪を乾かすのを時短するためにおすすめのタオルです!
ヒルナンデスでも紹介されSNSでも超話題になっていますよ!

>>>ヒルナンデスで紹介の3分59秒で乾くドライタオルの口コミをチェック!【楽天】

自然乾燥のデメリットについてはこちらの記事に詳しくまとめています。女性のかたもどうぞ!

ドライヤー冷風のみで乾かすとどうなる?のまとめ

ドライヤーの冷風のみで乾かすとどうなるのかについてまとめます。

ドライヤーの冷風のみだと乾くまでに時間がかかったり、頭皮が冷えて血行不良の原因になることがわかりました。

せっかくドライヤーを使って乾かすのであれば温風でしっかり乾かしましょう!

仕上げに冷風でキューティクルを引き締めれば艶のある髪の毛になれますよ!

スポンサーリンク
LIFE
スポンサーリンク
シェアする
ぷらっとねっとをフォローする
ぷらっとねっと

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました