スポンサーリンク

りんごの食べ過ぎは太る?ダイエット中の効果的な食べ方は?

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

りんごの食べ過ぎは太る?ダイエット中の効果的な食べ方は?LIFE
りんごの食べ過ぎは太る?ダイエット中の効果的な食べ方は?

りんごは「医者いらず」と言われ、健康によくダイエットにも効果的な果物として有名ですよね!

りんごは食べすぎたら太るのか?についてまとめてみました。

ダイエット中に効果的にリンゴを食べる食べ方も調査しましたよー!

1年中美味しく食べられるりんごを味方につけて美味しく健康的に痩せたいですよね( *´艸`)

スポンサーリンク

りんごの食べ過ぎは太る?

りんごはカロリーが低くて栄養価が高いのでいくら食べても太らないという印象がありますよね。

確かに食物繊維やカリウムなどダイエットに有効な成分も豊富なのでダイエットに最適ではあるのですが、食べすぎたら太ります!

カロリーの消費量がカロリー摂取量を超えたら太るので当然と言えば当然なのですが・・・

りんごのカロリー

りんご100gあたりのカロリーは57カロリーです。(りんご1個は200~350gくらいです。)

ほかの果物とも比較してみましたよ。

果物の100gあたりのカロリー

ぶどう67kcal
もも40kcal
パイナップル51kcal
バナナ88kcal
57kcal
63kcal
31kcal

こうして比較してみるとりんごは低カロリーというわけでもないですよね。

りんご1個は300gくらいなので全部食べると150kcal以上になりますね。

りんごの糖質

ダイエットに重要なのが糖質です!

りんご100gの糖質は10gです。

果物100gあたりの糖質

ぶどう16g
もも8.4g
パイナップル10g
バナナ12g
10g
13g
7.1g

こちらもそんなに低いわけではないので食べすぎには注意が必要です!

1日に食べるリンゴの量は、中くらいのりんご半分程度(重さ約150g)がおすすめですよ♪

スポンサーリンク

ダイエット中の効果的な食べ方は?

せっかくりんごを食べるならダイエットに効果的な食べ方を知ってから食べてください♪

おすすめの食べ方を紹介しますね!

皮ごと食べる

りんごの中のダイエットに有効な成分(食物繊維やプロシアニジン)は皮に豊富に含まれているので皮ごと食べるのがおすすめです!

よく噛んで食べるるので満腹感にもつながって一石二鳥です♪

すりおろしてたんぱく質と組み合わせて食べる

ダイエット中にはたんぱく質を摂るべき!とよく聞きますよね。

お肉や魚も積極的に食べたいですがすりおろしたリンゴを一緒に食べることで消化酵素が働いてくれます。

肉や魚のたんぱく質の消化・吸収を助けてくれてダイエットにも効果的です!

おやつとして食べる

水溶性食物繊維が豊富なため満腹感を得やすいのもメリットの1つです。

皮ごとよく噛んで食べてお菓子など脂質の高い食べ物の食べすぎを防止してくれる効果も期待できますよ!

おすすめのリンゴの切り方は「スターカット」です!

スポンサーリンク
LIFE
スポンサーリンク
シェアする
ぷらっとねっとをフォローする
ぷらっとねっと

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました