スポンサーリンク

サングラスの傷消しどうする?落下防止もできる持ち歩き方も紹介!

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

サングラスの傷消しどうする?落下防止もできる持ち歩き方も紹介!LIFE

「あの大切なサングラスに傷が…!」そんな経験、一度はありますよね?サングラスのレンズにできた傷は、見た目の美しさを損なうだけでなく、視界の障害ともなります。しかし、実はその傷、適切な方法であれば「消す」ことが可能なのです。どうすればサングラスの傷を効果的に「傷消し」できるのか、また、傷を予防するための方法は?この記事では、サングラスの傷に関するあらゆる疑問に答えます。あなたの大切なサングラスを守るためのヒントが満載。最後までお見逃しなく!

スポンサーリンク

サングラスのレンズの傷を効果的に取り除く方法

サングラスのレンズに傷がつくと視界が悪くなります。また、スポーツ用サングラスの偏光レンズに傷がつくと、反射光を遮る効果が損なわれるかもしれません。以下に、傷を効果的に取り除く方法を詳しく説明します。

歯磨き粉を使用した傷取りの方法

歯磨き粉は、サングラスのレンズの傷を取り除くのに役立つことが知られています。まず、研磨剤を含まない白い歯磨き粉を選び、少量を化粧用コットンに取ります。円を描くように傷を磨き、その後、流水でしっかりと洗い流します。最後に、糸くずが出ない柔らかい布でレンズを拭き、傷が消えたか確認します。

傷取りに適した歯磨き粉の選び方

傷取りに最適な歯磨き粉は、ミント、ジェル、ホワイトニング成分を含まないものです。特に、普通の白い歯磨き粉がおすすめです。また、歯磨撫子のような重曹入りの歯磨き粉も、研磨作用がないため、レンズの傷取りに適しています。

傷取り時の注意点と効果的な磨き方

傷を磨く際は、力を入れすぎないように注意が必要です。また、磨く際には、円を描くように動かすことで、傷を効果的に取り除くことができます。レンズをすすぐ際には、特にレンズとフレームの間の狭い隙間についた歯磨き粉に注意し、しっかりと洗い流すことが大切です。

スポンサーリンク

落下防止もできる持ち歩き方

サングラスを長持ちさせるためには、傷をつけないように注意することが重要です。

よく落下させて傷つけてしまうことがあるので落下防止できる持ち歩きにおすすめのグッズも紹介します。

落下防止にはメガネストラップがおすすめ!

サングラスの傷の主な原因は、落としてしまうことや、鞄の中で他の物とこすれることです。これを避けるためには、サングラスを使用しない時は必ずケースに入れる、鞄の中で他の物と一緒にしない、などの対策が有効です。

つけたりはずしたりが多いときはこちらの眼鏡ストラップがあると安心ですよ!

サングラスの正しい保管方法

サングラスを保管する際は、専用のケースに入れて保管することがおすすめです。これにより、他の物との摩擦による傷を防ぐことができます。また、サングラスをテーブルなどに置く際は、レンズが下にならないように注意しましょう。

サングラスの掃除とメンテナンスのポイント

サングラスのレンズを拭く際は、糸くずが出ない柔らかい布を使用することが重要です。また、定期的にフレームのネジの締め直しを行うことで、フレームのゆがみを防ぐことができます。

サングラスの傷を自分で修理する際のリスク

サングラスの傷を自分で修理しようとすると、さまざまなリスクが伴います。

自己修理が難しい傷の種類

サングラスの傷には、浅い傷や深い傷、広がった傷など、さまざまな種類があります。特に、深い傷や広がった傷は、自己修理が難しく、専門の技術が必要となります。

傷を悪化させる可能性のある修理方法

間違った修理方法を選ぶと、傷を悪化させる可能性があります。例えば、研磨剤を使いすぎると、レンズの表面を傷つけてしまうことがあります。また、不適切な工具や材料を使用すると、新たな傷をつけるリスクがあります。

専門店での修理をおすすめする理由

サングラスの傷の修理は、専門の技術や知識が必要です。専門店では、適切な修理方法や材料を選び、傷を効果的に取り除くことができます。また、修理後のアフターケアもしっかりと行ってくれるため、長くサングラスを使用することができます。

オンラインで修理を依頼できるサービスもありますよ!
家から出なくていいのは助かりますよね♪

市販の傷取り商品の効果と使用方法

市販の傷取り商品は、サングラスのレンズの傷を効果的に取り除くための専用の製品です。これらの商品は、傷の深さや種類に応じて選ぶことができます。

人気の傷取り商品の紹介

市販されている傷取り商品には、さまざまなブランドや種類があります。中でも、特定のレンズ材質に特化したものや、環境に優しい成分を使用したものなど、多岐にわたる選択肢があります。特に人気なのは

正しい使用方法とその効果

傷取り商品を使用する際は、必ず商品の説明書や取扱説明をよく読み、正しい使用方法を守ることが大切です。多くの商品は、傷の部分に直接塗布し、一定時間放置した後、柔らかい布で拭き取るという手順で使用します。正しく使用することで、傷が目立たなくなるだけでなく、レンズの光学的な性質を保つことができます。

商品選びの際の注意点

傷取り商品を選ぶ際は、レンズの材質や傷の深さ、広がりなどを考慮することが必要です。また、使用する成分やブランドの評価、価格なども比較検討すると良いでしょう。特に、アレルギー体質の方は、成分をよく確認してから購入することをおすすめします。

サングラスの傷に関するよくある質問とその回答

サングラスの傷に関する疑問や質問は多く、以下にその中でも特に多い質問とその回答を紹介します。

サングラスの傷は完全に消せるのか?

サングラスの傷を完全に消すことは難しい場合が多いです。しかし、傷取り商品や専門の修理技術を使用することで、傷を目立たなくすることは可能です。特に、浅い傷や小さな傷は、適切な方法で処理することで、ほとんど目立たなくすることができます。

傷がついたサングラスの価値は下がるのか?

サングラスの価値は、ブランドやデザイン、材質などによって異なります。傷がついたことで価値が下がることもありますが、傷の大きさや位置、深さなどによっても影響が変わります。高価なサングラスの場合、専門店での修理を検討することで、価値を保つことができるでしょう。

サングラスのレンズ交換は可能か?

多くのサングラスは、レンズの交換が可能です。特に、高価なブランドのサングラスや、専門の眼鏡店で購入したサングラスの場合、レンズの交換サービスが提供されていることが多いです。レンズ交換を検討する際は、購入した店舗やブランドの公式サイトなどで、交換サービスの有無や費用を確認しましょう。

まとめ|サングラスの美しさを守る行動を今すぐ始めよう!

  • サングラスのレンズの傷は、適切な方法で効果的に取り除くことができます。特に、歯磨き粉を使用した方法がおすすめです。
  • 傷を予防するためには、サングラスの正しい保管方法や定期的な掃除が必要です。また、傷の主な原因を知り、それを避けることが大切です。
  • 自分で傷を修理しようとするとリスクが伴います。深い傷や広がった傷は、専門の技術が必要となります。
  • 市販の傷取り商品も効果的ですが、選び方や使用方法に注意が必要です。
  • サングラスの傷に関する疑問や質問も多いですが、適切な方法や知識を持つことで、サングラスを長く美しく使用することができます。

サングラスは私たちの目を守るだけでなく、ファッションアイテムとしても大切な存在です。その美しさを保つための知識や方法を身につけ、日常生活の中で実践しましょう。

スポンサーリンク
LIFE
スポンサーリンク
シェアする
ぷらっとねっとをフォローする
ぷらっとねっと

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました