スポンサーリンク

カメムシは窓を閉めてても入ってくる?侵入経路や駆除方法も!

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

カメムシは窓を閉めてても入ってくる?侵入経路や駆除方法も!LIFE

「なぜ窓をしっかり閉めていても、カメムシが家に入ってくるの?」そんな疑問を抱えるあなたへ。カメムシの生態や行動パターン、彼らが好む環境、そして家に侵入する主な経路とその対策まで、詳しく解説します。カメムシの駆除や予防策、彼らが嫌う香りや素材についても触れています。この記事を読めば、カメムシとの戦いに勝つヒントが手に入るかもしれません。さあ、カメムシ問題を一緒に解決しましょう。

ペットや小さい子供がいるおうちにはぴったりの殺虫剤「凍殺」!
手が届かないところにいるカメムシも倒すことができます。
これがあるだけで慌てることなく対処でき、平和が訪れますよ。
スポンサーリンク

カメムシが家に侵入する原因

カメムシが家に侵入する原因として、窓や網戸、ドアなどにわずかな隙間が存在することが挙げられます。特に、網戸は経年劣化により隙間が生じやすく、カメムシにとっては侵入しやすいポイントとなっています。

① カメムシの生態と行動パターン

カメムシは、2ミリほどの隙間があれば通り抜けることができます。これは、カメムシの体の柔軟性と小ささに起因しています。また、カメムシは暖かい場所を好むため、冬の寒さから逃れるために家の中に侵入することが多いです。

② カメムシが好む環境とは

日当たりの良い窓や、湿度が高い場所はカメムシが好む環境となります。特に、網戸が設置されている窓は、カメムシの侵入ルートとして利用されやすいので注意が必要です。

③ 窓や網戸を閉めていても侵入する理由

窓や網戸をしっかりと閉めていても、経年劣化や微細な隙間からカメムシが侵入することがあります。また、洗濯物を外に干している際にカメムシが付着し、家の中に持ち込まれるケースも考えられます。

次に、カメムシの侵入経路と対策について詳しく調査します。

スポンサーリンク

カメムシの侵入経路と対策

カメムシが家に侵入する経路として、網戸や窓サッシ、玄関などの隙間が主な原因となります。これらの隙間をしっかりと塞ぐことで、カメムシの侵入を防ぐことができます。

① 侵入経路としての網戸や窓サッシ

カメムシは2mmの隙間があれば家に侵入できると言われています。網戸や窓サッシの隙間は、経年劣化や設置時のズレなどで生じることが多いです。隙間テープやモヘアシール(毛)を利用して、これらの隙間を塞ぐことが効果的です。

こちらは隙間風対策も同時にできますよ!
カメムシ対策だけで終わらないのが嬉しいですよね!

② 換気口や換気扇の隙間対策

換気口や換気扇もカメムシの侵入経路となり得ます。特に、換気扇は動作時に吸い込む力が強いため、カメムシが近くにいると吸い込まれることがあります。防虫フィルターを取り付けることで、カメムシの侵入を防ぐことができます。

③ エアコンのドレンホースからの侵入

エアコンのドレンホースもカメムシにとっては絶好の侵入経路となります。特に、ドレンホースの先端が外部に露出している場合、カメムシが侵入しやすくなります。先端をネットでふさぐことや、使用済みのストッキングをかぶせる方法が効果的です。

G対策としてももはや常識!
エアコンからムカデがでてきてそれ以来絶対つけてます!!

④ 洗濯物を通じた侵入

洗濯物にカメムシが取り付いている場合、そのまま家の中に持ち込むことで侵入させてしまうことがあります。洗濯物を取り込む前に、カメムシが取り付いていないか確認することが大切です。

カメムシの駆除と予防策

カメムシは、その特有の臭いで多くの人々にとって不快な存在となっています。しかし、カメムシが家に侵入する原因や駆除方法、そして予防策を知ることで、その被害を最小限に抑えることができます。

① カメムシの駆除方法と注意点

カメムシを駆除する際の最も一般的な方法は、殺虫剤や防虫剤の使用です。

殺虫剤を使用したくない場合は以下の方法で捕獲することもできますよ!

  • ティッシュで体全体を覆う
  • ガムテープでくっつけて捕獲
  • ペットボトルにいれる

ペットボトルに入れられたカメムシはストレスでにおいを出して、その匂いで自分や仲間も死んじゃうようです・・・自分の臭いで死ぬなんてなんだか憎めませんね・・・

② 自宅でできるカメムシ対策

カメムシの侵入を防ぐための対策として、まずは家の周りの雑草を定期的に除草することが挙げられます。雑草や植物の茂みはカメムシの好む環境であり、これを取り除くことで発生を予防することができます。また、網戸や窓の隙間に隙間テープを貼ることで、物理的にカメムシの侵入を防ぐことができます。

③ カメムシが嫌う香りや素材

カメムシは特定の香りや素材を嫌う性質があります。例として、ハッカ油やお酢のにおいはカメムシを寄せ付けにくいとされています。これらの香りを利用して、カメムシの侵入を防ぐ方法も効果的です。特に、庭木のカメムシ予防としてお酢を利用する方法は、薬剤を使わずにカメムシ対策を行いたい場合におすすめです。

④ カメムシの生息地を知って予防

カメムシは、特定の環境や条件下で繁殖や生息を行います。その生息地を知ることで、カメムシの発生を予防することができます。例えば、カメムシは湿度の高い場所や、植物の茂みなどを好む傾向があります。これらの環境を避けることで、カメムシの発生を抑えることができます。

これらの方法を組み合わせることで、カメムシの被害を効果的に抑えることができます。

まとめ|カメムシ問題を解決するための実践的なステップを始めよう

  • 侵入原因:カメムシはその特有の生態や好む環境により、窓をしっかり閉めていても家に侵入することがあります。
  • 侵入経路と対策:サッシの隙間や通気口、換気扇やエアコンの穴などが主な侵入経路です。これらの経路を塞ぐための隙間テープや防虫モヘアの使用、カメムシ専用の忌避剤やスプレーが効果的です。
  • 駆除と予防策:カメムシの駆除には殺虫剤や防虫剤の使用が一般的ですが、直接触る際の臭いの問題や、カメムシが嫌う香りや素材を利用した自然な方法もあります。また、カメムシの生息地を知ることで、発生を予防することができます。
カメムシ大量発生のため在庫切れの店舗もあるようです!
確実に買えるのはネット通販ですね!
すぐなくなってしまうのでまとめて買っておくことをおすすめします(^^♪
スポンサーリンク
LIFE
スポンサーリンク
シェアする
ぷらっとねっとをフォローする
ぷらっとねっと

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました